カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

トキタ カリフローレ80 カリフラワー

日本生まれのスティックカリフラワー。 軟らかで、ほんのり甘く、可能性を感じる形はシェフに人気。 春まきもできるようになった。
【特性】 
 カリフラワーの常識を打ち破り、花軸の食味を追求し、スティック状に収穫できるように育種したカリフラワー。
ユニークな形状、花蕾の白と花梗(軸)の緑のコントラストが鮮やかで、加熱すると透明感のある緑色となる美しさは、料理のインスピレーションを刺激すると、各界のシェフにも大人気。
 草勢極強、黒腐病等病害に対しても強く栽培容易。定植後80日(秋まき)、65日(春まき)目安で収穫可能。1株から数十本のカリフローレが収穫できる。
【栽培上の注意】 
 定植前の苗には十分潅水し根鉢を崩さないようにする。
 ●秋作の注意点:  花蕾の霜は、凍害・腐敗の原因となり、10℃以下で生育遅滞するので、トンネルや不織布の利用が効果的。霜よけは、外葉を数枚花蕾にかぶせる等も有効。
 ●春作の注意点:  育苗~初期生育期間に低温を回避するよう保温に留意。定植直後は保温のためにトンネル資材を利用し、初期生育が旺盛となるよう留意。
【播き時期】
 春作(1~3月まき)と夏作(高冷地4~6月まき)、秋作(7~8月まき)の三期まきが可能。
【播種方法】
 種まき:9cmポットに3粒まき、本葉2~3枚で間引き1本にし、本葉3~4枚の若苗を定植する。
【植え付け】
 株間:株間35cm、畝間60~70cmに定植。夏は夕方に定植すると良い。しっかり灌水し活着を促す。 営利で定期的な薬剤散布等管理できる場合は株間30㎝x畝間65㎝、約5000株/10アールを目安。 株間は30cm程度と狭い方が花蕾の伸びが良い。
【土壌条件】
 肥沃で水はけの良い土壌が良い。
【肥料】
 成分量で元肥としてN15g、P20g、K15g/㎡。追肥としてN、K 5g/㎡ほど。良花蕾を収穫するためには外葉を大きく育てるのがポイント。
【収穫】
 花軸が15~20㎝の長さで収穫適期。家庭菜園では下から摘み取り収穫も良いでしょう。直売所出荷の場合、房ごとに分けて穴あき包装資材に出荷用のシールを貼付けて梱包します。予冷は鮮度保持に効果的。
【料理】
 生のままでも良いが、湯通しし、氷水で締めると色上がりが鮮やか。スティックサラダ、バーニャカウダ。ピクルス、煮炊き焼、揚げ相性が良い。


表示の価格はメーカー参考小売価格です。

表示価格より【割引き】いたします。


1、カゴに入れる→ 2、レジ画面→ 3、入力確認→ 4、完了 

の順に進みますと自動送信メールが届きます。

決済入力されてもこの時点では【問い合わせ】の段階です。


その後、割引きした【販売価格】を示したメールを

再度、送信させていただきます。

その【販売価格】を確認・検討された後、お客様から【承諾】の

メールをいただきました時点で【注文完了】となります。


ご承諾いただけない場合は、【キャンセル】となります。

 
または、右上の【お問い合わせ】フォームより

お気軽に【販売価格】をお尋ねください。

掲載しきれない他の商品についても

どうぞお尋ねください。

トキタ カリフローレ80 カリフラワー

価格:

330円 (税込) 6,050円 (税込)

購入数:

容量

価格

在庫

購入

50粒

330円 (税込)

在庫あり

1,000粒(Lコート)

6,050円 (税込)

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

カリフローレは、スティック状のカリフラワー。 長く伸びた花茎は、軟らかくほんのり甘みがあり、スティックサラダやバーニャカウダで手軽に楽しめ、レストランでもご家庭でも人気上昇中のスティック野菜。カリフローレの豚バラ巻きは直売所農家さんの鉄板料理です。
  肥料、薬剤等の経費、管理作業は、カリフラワーやブロッコリーと同程度ですが、小分けした房をカリフローレ専用FG袋に詰めて販売することで、1株から3-4袋を出荷することができ、一株あたりの販売単価が上昇し、高収益が見込まれる新野菜です。

ページトップへ